読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lost&safe Blog

音楽とコミックのレビューブログ

YankaNoi「Neuma」

 

Neuma

Neuma

 

 

トクマルシューゴのバックバンドに参加しているユミコが結成したユニットの1st。後ろでトイピアノ弾いてた女の子だろうか。そのトクマルやショピン田中馨、岸田佳也などが参加。

アルバム特設ページのコメント欄の人脈の多彩さが、このアルバムの豊かさを証明しているだろう。シャムキャッツの夏目、森は生きているの増岡、そして王舟といった旬のミュージシャン。oono yuuki、宮内優里ら、エレクトロ/ポストクラシカル周辺の人脈。なにより目を引くのがベイルートのメンバーからのコメント。東京インディー、和製ポストロック、トラッド。どれとも取れる、どこからでも切り取れる作品に仕上がっている。

豪華なメンバーが集まっているが、それぞれの経験値が高く、付き合いも長いので息があっている。サウンドは童謡のように素朴なアコースティックサウンドで、ユミコの朴訥なボーカルが楽曲にメランコリックな色合いを与えている。歌詞もメッセージよりもイメージ重視で、夜明けや自然の匂いが伝わる言葉が並ぶ。

派手さはないが、1曲ごとにMVが作られてもおかしくはないほど完成度の高いチェンバーポップである。こういうのを好きな人にはたまらなく刺さるだろうし、このアルバムをきっかけにポストロックやトラッドに入っていくこともできるだろう。トクマル作品に参加!というところばかり注目されてしまうが、狭すぎず広すぎずのバランス取りの巧さはソングライティングこそだと感じる。

決して女性版トクマルシューゴというわけではなく、思慮深い女性のしなやかさに満ちている。しかし良い意味でも悪い意味でも模範的なポストロック/チェンバーポップで、それ故にこのアルバムにしかない魅力に欠けているようには思える。そのなかで、ベースラインを主体としたシンプルな楽曲「山の向こう」が印象に残った。活動がある程度軌道に乗ったら、自身のこれまでの活動やジャンルなどを良い意味でとっぱらった、弾き語り+αくらいでまとめた静かなアルバムも聴いてみたい。

 


YankaNoi - 凍原の裏 - YouTube