lost&safe Blog

音楽とコミックのレビューブログ

きのこ帝国「フェイクワールドワンダーランド」

 

フェイクワールドワンダーランド

フェイクワールドワンダーランド

 

 

濃厚なシューゲイザーサウンドにvo.佐藤の気だるげな声、そしてトゲのある歌詞で注目を集めた07年結成のロックバンドの2ndフルアルバム。というか07年結成だったのか。思ったよりキャリアが長いんだな。

ご存知のとおりの大方向転換作。これまでの彼らの作品にあった苛立ちや怒り(「あいつをどうやって殺してやろうか」!)、「言葉にならないのでノイズにしました」な感情の渦(「渦になる!」)はここでは抑えられている。

そのかわりに、恋人の帰りを待ちながら想いに耽る「東京」やなにげない仕草や日常会話のなかから溢れんばかりの愛情をストレートに表現する「ラストデイ」など、比較的平易な言葉で、しかしちゃんと聴き手に伝わるように丁寧に練り上げたロックバラードが本作の軸になっている。先行シングルであり、前作までの彼らからの変化に多くのリスナーが驚愕し、結果的に賞賛を勝ち得た「東京」はまさにこのアルバムを代表する楽曲。ただ、個人的には「黄色くなったみかんをめくる恋人の手」や「雪だるまを作る約束」などのより小規模なモチーフを積み重ねることで「二人の景色」を作り上げながらも、「いつの日かその日々が終わっても忘れないで」で〆る物寂しさを秘めた「ラストデイ」のほうが楽曲として好みかな。

また、他の楽曲もこれまであまり意識されなかった引き出しを使っている曲が多い。R&B調の「クロノスタシス」は小慣れていない感じが正直こそばゆいが、縦ノリの「you outside my window」は逆にこれまでの作品の路線を巧くいまのモードに昇華させた佳曲。長尺のシューゲイザートラックの「あるゆえ」も、心の黒い部分を吐き出すトリッピーな作風でもなく、あるいは「恋人と海」のような文学性が高いものでもなく、日常音に耳を澄ませるようなさらっとした聴き心地になっており、「なるほど、こういうシューゲ表現もできるのか」と感心する。

しかし、このアルバムにおいて、もっともポップであり、もっともシニカルであり、もっとも素晴らしいのはラストトラック「Telepathy/Overdrive」。

 

「たぶんゲームオーバー 気づかないフリ/逃げてしまおうか 手は繋いだままで/飽きるまでは 飽きるまでは/昨日見た朝日は見なかったことにして」

バカな僕たちだから終わりは先のばしに」

 

この作品を「東京」の印象で語ってしまうと「悪くはないが、2014年における画期的な発明だと褒めるほどの作品ではない」という結論のみになってしまう。なってしまうと思う。しかし、このアルバムの魅力とは、缶ビールの味や踏切の音や日常のなかで、「この幸せがニセモノかもしれない/終わってしまうかもしれない」とふと我に返り、それでもそれを騙し騙しかみ締めていくという矛盾めいた慎ましさにある。私たちはある日ふいに消えてしまうような不安定な幸せ(「フェイクワールドワンダーランド」!)のなかに生きている。そして、きのこ帝国はそんな頼りなさを怒るでも悲しむでも、あるいは皮肉るでもなく、愛おしく抱きしめられる音楽を作れるようになった。これを成長と呼ぶのか鈍化と呼ぶのかは、このアルバムを経た彼らが証明していくことになるんでしょう。To Be Continued。まだもう少しつづくのじゃよ。

 


きのこ帝国 - 東京 (MV) - YouTube