読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lost&safe Blog

音楽とコミックのレビューブログ

中納良恵「窓景」

2015 newdisc

 

窓景(初回限定盤)

窓景(初回限定盤)

 

 エゴラッピンのボーカリストによるソロ2作目。

エゴラッピンアイデンティティともいえる昭和歌謡やムード音楽、あるいはエゴにおける中納のボーカルをイメージして本作を聴くと、目を見開くほどに驚くであろう。野生のグルーヴを感じる「ケムニマイテ」や「Ding Dong」のボーカルにおいては、伸びやかでパワフルなエゴラッピン中納良恵が耳に浮かぶが、しかし本作においてはそれはあくまで一側面でしかない。tujiko norikoを思わせるエレクトロニカ、「あのね、ほんとうは」からアルバムは始まり、永積タカシとのデュエットによる静謐なピアノナンバー「beatiful island」、清涼感とアヴァンギャルド共存するダンサブルな「SCUBA」、物悲しくも優しいメロディと端整なアレンジが竹内まりやを連想させるリードトラックの「濡れない雨」と楽曲の方向性は様々だ。

時に子どものようなおおらかな笑顔で、時に大人の女性の切ない表情で、1曲1曲を見事な表現力で演じ分ける。そんな本作において、中納の充実を特に感じさせるのが、坂本慎太郎が作詞で参加した「写真のなかのあなた」だ。うつろかつシュールな目で世界を切り取る坂本のドライな言葉は、強い個性と記名性を持ち、そしてそれ故に彼を起用した多くのボーカリストがその響きを自分のものとするのに苦戦している印象があるが、中納は違和感なく乗りこなし、アルバムに溶け込ませている。

このように、中納は本作でボーカル面でもソングライティングの面でも多彩な引き出しを見せて、多様な方向性にアプローチしているのだが、総じて着飾らない、親しみやすい肌触りに統一されており、アルバムとして纏まりを欠いているわけではない。こうした自然体な女性の姿は、オルタナティブでざらつく独自のサウンドを追求し続けるエゴラッピンではなかなか顔を出すことがない、中納にとっては新鮮な側面であろう。夜明け前から次の夜まで、そのタイトルのとおり、窓から見える景色が移り変わっていくのを眺めているような心持ちになる上質な作品集である。

 


中納良恵 - 濡れない雨 MV - / Yoshie Nakano - Nurenai Ame ...